HINSON ビレットクラッチカバー YZ250 JET/装飾用/アイボリー/検索用ワード ロッソスタイルラボ カーボンサイレンサー商品品揃え充実!


 >  >  > HINSON ビレットクラッチカバー YZ250

数値のフォーマットを変換したい

キーワード:Mapper,数値のフォーマッティング,書式,表示形式

HINSON ビレットクラッチカバー YZ250 JET/装飾用/アイボリー/検索用ワード ロッソスタイルラボ カーボンサイレンサーの超特価!

数値のフォーマットを変換したい場合、数値フォーマッティングロジックを使用します。

サンプルプロジェクトの説明CTJジェットヘルメット シルバー CEPTOO(セプトゥー) Murrey MR-71 ジェットヘルメット レッドラメ リード工業

CSVファイルの「購入品リスト」を読み取り、以下の計算を行った上で、CSVファイルに書き込みます。
出力書式は、数値フォーマッティングロジックにて変換します。
  • 「単価」に「個数」を掛けて、「金額」を求めます。
  • 「不良品数」を「個数」で割って、「不良率」を求めます。

【2016年最新モデル】HINSON ビレットクラッチカバー YZ250 JET/装飾用/アイボリー/検索用ワード ロッソスタイルラボ カーボンサイレンサー

サンプルプロジェクトの処理の流れは以下の通りです 【国内向新車】【バイクショップはとや】ヤマハ 16 VOX デラックス/ YAMAHA 16 VOX Deluxe。
  1. CSVファイル読み取り処理」で入力ファイルを読み取ります。
  2. マッピング処理」で「数値フォーマッティングロジック」を用いて書式を変換します。
  3. CSVファイル書き込み処理」で出力ファイルに書き込みます。
実行結果のイメージについては、サンプルプロジェクトのサンプルデータ「Output.csv」を参照してください。

ポイントとなる機能

名前 説明 ツールパレット上の場所
数値フォーマッティングロジック 入力数値を指定したフォーマット(DecimalFormat形式)で出力します。 「文字列」-「数値」-「数値フォーマッティング」

処理のポイント

書式は数値フォーマッティングロジックの [フォーマット]に、DecimalFormat形式にて指定します。

サンプルプロジェクトの使用方法

上記処理を実装したサンプルプロジェクトを用意しています。サンプルプロジェクトを使用する場合の手順は、以下の通りです。

サンプルプロジェクトのダウンロード 逆引きリファレンス シナリオ060のサンプルプロジェクト
  1. サンプルプロジェクトの展開
    サンプルプロジェクトファイル「rl_reference_060.zip」を展開します。

  2. プロジェクトのアップロード
    「rl_reference_060.zip」を展開後に作成される「rl_reference_060プロジェクト」ディレクトリがプロジェクトファイルとなります。
    DataSpider Studioを起動し、マイプロジェクトの画面から[ファイル]-[ローカルからアップロード]で展開したディレクトリ「rl_reference_060プロジェクト」をアップロードしてください。

  3. サンプルデータの準備
    「rl_reference_060.zip」を展開後に作成される「samples」ディレクトリがサンプルデータとなります。
    $DATASPIDER_HOME/server/samplesディレクトリに上書きしてください 【国内向新車】【バイクショップはとや】17 YAMAHA JOG petit ヤマハ ジョグ プチ スズキ 新車 アドレスV125Sリミテッド 現行モデル 茶色 (125cc) ヨシムラ(YOSHIMURA) カムシャフト STAGE-1 GSX1300R HAYABUSA[ハヤブサ] (99-07) 211-502-0101。。

スクリプトの作成手順

プロセスフローおよびデータフローは、「 サンプルプロジェクトの説明」のスクリプト画像を参照して適宜設定してください SP武川 カウンターシャフト コンプリート4ソクセンヨウ ( 00-02-0072 )。
  1. デザイナのツールパレット「ファイル」-「CSV」-「CSVファイル読み取り」から、CSVファイル読み取り処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • CSVファイル読み取り処理の設定は、以下のように行います SP武川 カムシャフト ( R-20 ) Rステージ/-E/+D ( 01-08-0126 )。

      [必須設定]タブ

      [読み取り設定]タブ


  2. デザイナのツールパレット「変換」-「基本」-「マッピング」から、マッピング処理をスクリプトキャンバスに配置します。

  3. デザイナのツールパレット「ファイル」-「CSV」-「CSVファイル書き込み」から、CSVファイル書き込み処理をスクリプトキャンバスに配置します。
    • CSVファイル書き込み処理の設定は、以下のように行います。

      [必須設定]タブ

      [書き込み設定]タブ


  4. マッピング処理のMapperエディタを開き、数値フォーマッティングロジックを用いて書式を変換し、出力先にマッピングします。

  5. スクリプトを実行し、正常終了すれば成功です。。。
{yahoojp}zt03-myp12-gui-zd-2471

コメント

ログインしてコメントを残してください。