第28回 規定やルールが全てか?

あるメンバーが、元メンバーをビジターとしてチャプターミーティングに招待しました。

招待したメンバー曰く、事前にメンバーシップ委員会に問合せたところ、『BNI規定にないから問題ない』との回答だった。

これを前例として、その後、同じように元メンバーを招待しようという動きがありました。ところが、この元メンバーは、、当時、今もチャプターに在籍しているメンバーとの関係がこじれて退会している方で、当事者からしたら、「できたら会いたくない」のは当然。結局事情を説明し、そのメンバー納得の上ビジター招待は断念してもった。

メンバーの中には、BNIの規定に書いてないことは全てOKなんて言い出す人もいて、何か内規的なものを作る必要性を感じてる。

こういった「内規の決定プロセス」と「元メンバーの扱い」についてアドバイスを頂けませんでしょうか?

今回のメンバーの方からのご相談からは、2つの重要なメッセージが導き出せる。

1つ目は、規定やルールをどう扱うかという事、もう一つは、BNIのメンバーシップの価値をどう維持するかということ。

いずれも大きなトピックなので2回に分けてお話したい。

今回は、まず一つ目の規定やルールの扱い。

BNIのチャプターやメンバーがBNIのメンバーシップからより高い成果をあげるために重要な役割を果たしているのが、規定やルール。

ただ、それが全てではなく、それだけではうまく機能しない。他に何があるのか?

まず、規定やルールを整理すると、倫理規定、一般規定、管理規定、プログラム・ガイドライン、マニュアルに記された手順。そうした文書化されていないが、成功事例や失敗事例(法律でいうと判例)、多くのチャプターの経験則、経験豊富なディレクターコンサルタントからのアドバイスなどがある。

その他に、大切なものとして、BNIのビジョン、ミッション、コア・バリュー(基本的価値観)、伝統、カルチャー、行動規範

こうしたものを環境や器(コンテキスト)とすれば、チャプターでのメンバーのみなさんの活動やそこから生み出されるものはコンテンツ、中味。

 

BNIは規定だけ守っていればいいか?決してそんな事はない。

 

規定やルールも含めた、BNIのコンテキスト全体をしっかり把握して、その環境に沿った行動をしていく事が成果を得るためには欠かせない。

今回のご相談にもあったように、チャプターで少しずつ内規を作っていく必要もある。例えば、一般規定の第6条に、「各チャプターは最低限必要なリファーラル数とビジター数の両方または一方を設定する事ができる」

一度設定すれば、その後ずっと変えなくて良いということではなく、チャプターの成長とともに、この基準も引き上げられるべきもの。メンバー数が増えれば、リファーラルも出しやすくなるため。

 

チャプーの内規をどう作れば良いか?

 

この手順について、文章で明記しているものはない。

これについては、次期役員の選出プロセスを準用。

現リーダーシップチームと前リーダーシップチームで内規の原案の作成を担ってもらい、それを、 、まず担当ディレクターコンサルタント及びエグゼクティブ・ディレクターによる審査 、承認後、チャプターメンバー過半数の賛成をもって成立。参考にしてほしい。

コンテキストの中でも、規定はおそらく拘束力もあり、誰から見てもそれを守るべきというものだが、それだけがBNIのコンテキスト、つまりメンバーが成功するための環境を作っているわけではないということ。

 

リスナーのメンバーへのメッセージ:

今回のトピックをぜひ学習コーナーなどの時間に共有してほしい。規定に書かれていないことは全て許されているということではないし、マニュアルに書いていないことでも、メンバーのみなさんがBNIから得られる成果をより大きくするために推奨されることもたくさんある。

 

Podcast: Play in new window | Download

激安販売中スタンダードスケートボードスケボー海外モデル Ridge Maple Mini Retro Cruiser Skateboard - White, 22 Inch 洗濯機 スイング用練習器具 【4877aj】

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です