【今だけ!全品送料無料】【代引き・コンビニ後払い対象外】★フェイクラクーンボアライナーであったか素材♪ルーズシルエットジャケット[レディース][トップス/アウター/ジャケット/コート/パーカー/ニット/カーディガン/起毛] ダウンジャケット/裏起毛/ファー/ma-1/ダウンベスト/スウェット/フリース/ブルゾン/防寒/あったか/ダウン/秋/冬 LONDON 18,000円以上で送料無料 送料無料直輸入

プレミアムボリュームファーモッズコート/CCクロス(C.C.CROSS) 【SALE】ミリタリー JK マウンテン フード パーカ

印刷を大阪で頼むならセントウェル印刷株式会社 北区          

HOME > 一筆箋(いっぴつせん)

一筆箋(いっぴつせん)タイトル

一筆箋のメリット

何か一言添えてあげたい時に、一筆箋はとても重宝します。 一筆箋は一枚に5行、長くても7行程度の文章しか書けませんが、そのシンプルさが最大の長所です。 人づてに物を渡すときやちょっとした贈り物をするときに、便箋を利用するほどではないが、何か一言、一筆添えてあげれば暖かいメッセージの贈り物にもなります。一筆箋をスマートに見せるには、できるだけシンプルにさらりと書くことです。目上の人に使っても、文章をていねいに書けば、書き方は略式になりますが、失礼に当たりません。  

一筆箋のサイズ・仕様

一筆箋(いっぴつせん)のサイズ・仕様 ★サイズ★ 170×80mm、190×80mm (その他のサイズも作成可能です。) ・厚み:5~6mm ・1冊:24枚組 ★印刷★ ・表紙 片面4色(カラー) ・本文 片面1色(モノクロ)又は4色(カラー) ★用紙の種類★ ・表紙 上質110kg 他 ・本文 上質70kg、色上質中厚口 他

一筆箋 デザインサンプル モノクロ 色上質

一筆箋 カラー 上質紙 デザインサンプル

一筆箋 カラー 上質紙 デザインサンプル2

★罫の形式と行数★ ・並び罫4行 ・並び罫5行 ・並び罫6行 ・罫なし ★罫の色★ など。 ※色上質の用紙色は、画面上のため、実物のものより色味が多少異なります。予めご了承下さい。

セントウェル印刷株式会社(大阪 北区 梅田)へのお問い合わせはこちら

贈り物をする時のカード代わりに 「おめでとう」「ありがとう」などの言葉を、自筆で伝えるとより気持ちが伝わります   相手との距離を縮めたい時に 心を込めた一言を自筆で。字がへたでも問題ありません。気持ちが伝わる自筆の一筆箋を添えましょう。

一筆箋 心を込めた一言

  海外のお客様へのプレゼントに 美しく機能性豊かな一筆箋。素晴らしい日本の文化は、海外のお客様に大変喜ばれます。

セントウェル印刷株式会社様

 

 

一筆箋とは

 

「一筆箋」という言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。「一筆」という名の通り、ちょっとした一言を書くために商品化された、面積が小さい便箋のことを言います。手紙に何かを書き添えたいとき、もしくは本文の便箋無しでそれだけを伝えたいときに使われるものです。

一筆箋画像

手紙を書く際、よく本文の最後に「追伸」として書き足すことがあります。実はその追伸こそ、その人が相手に本当に伝えたいことかもしれません。その追伸の気持ちを、敢えて本文とは別の便箋で書く。そうすることで、本文では書ききれなかった気持ちが強く伝わり、より一層、相手との距離感を縮めることもできます。

一筆箋は、略語や絵文字を使った会話が主流になっている現代にこそ、改めて使用していただきたい文房具です。

 

 

一筆箋の特徴

 

カラー見本帳

一筆箋は、文房具店などに商品として売られています。

有名な文房具店などには、その店オリジナルの柄が描かれた一筆箋を販売していることもあります。女性のお客様の場合は、ただ真っ白いだけの便箋よりも、多少の色が付いていたり綺麗な柄が入っているものを購入される方も多くいるようです。

また、一般的に、個人から個人へ渡す時に多く使われます。対企業などではあまり使われません。

例えば、お世話になった踊りの先生や生け花のお師匠、親しい方へのお中元やお歳暮など、そういった個人的に深くお付き合いがある方に対して贈り物をするときに、「手紙ではなく一言だけ添える」ための手段として利用されることが多いです。

 

 

印刷会社に一筆箋を依頼するメリット

 

文房具店で買える一筆箋は、たいてい簡素化されたデザインの汎用品がほとんどです。その文房具店固有のオリジナル感を打ち出しているものもありますが、どうしても大量生産物になりがちです。そのため、「市場で売られている商品ではなく、自分で考えたデザインの一筆箋を作りたい」というお気持ちがある方は、ぜひ当社にご依頼ください。印刷会社ならではの技術を提供することができます。

例えば、ご自分のお子様やお孫様の写真、趣味で書かれているイラストなど、データをお持ちいただければ、一筆箋に表すことが可能となります。

写真やイラストを反映させるだけではなく、色や紙質、サイズなども自由に選ぶことができます。そのなかでも、紙質は上質紙をおすすめしています。

一筆箋というのは、手書きで書くことを前提としているため、紙質が重要です。表面に凹凸が出る毛羽立つ紙や、目新しさを求めて表面がツルツルした紙などは、ペンのインクが滲んだり擦れたりして書きづらく、書き物としては大変不向きです。そういった意味でも、上質紙の場合は、何の注意も払わずどの種類のペンでも書き込むことが可能です。カラー印刷にも適しているため、作成する際にはこちらをおすすめしております。

 

実際のところ、一筆箋は文房具店で買うことが当たり前とされています。当社のように、印刷会社として個人レベルの受注を請け負っているケースは、残念ながらまだメジャーではありません。また、同じ印刷会社さんでも、このような取り組みをしているところはほとんど存在しません。

しかし当社では、「お客様が個々でデサインできる、そんな一筆箋を作ることができたら面白いのではないか」という想いから、商品化に挑みました。

通販や文房具店では決して売っていない、お客様オリジナルの一筆箋をこの世に生み出すことができる。それが印刷会社である当社に依頼していただく最大のメリットです。

 

 

オリジナル一筆箋を贈ることの素晴らしさ

 

お世話になった方に一言を添えるとき、よりご自分の気持ちを強くこめて伝えることができたらいかがでしょう。とても気持ちが高まるとは思いませんか?

当社では、そんな喜ぶお顔が見たくて、お客様のご要望に沿える一筆箋作りをご提案しております。

贈り物や案内状などをお送りする際、何か一筆添えたくても、手紙だと仰々しく、拝啓から始まる文章を考えるのも大変、しかしカードだと少し軽い感じを与えてしまうかもしれません。そんなときは

、メモ以上手紙未満である一筆箋をご利用ください。恰好が付き、品格も生まれます。

それでは、どんな一筆箋で書いたら良いのでしょうか。

送り先の相手やシチュエーションなどを考え、目上の方や上司などに対しては、ポップな色や柄を避け、少し落ち着いたデザインをおすすめします。

当社ホームページにも、何点かサンプルを掲載しておりますので、ぜひご参考ください。

よく「一筆箋専用の封筒などがあるのですか?」というご質問を頂きますが、一般的に一筆箋は封筒に入れることはありません。

封筒に入れて畏まるよりも、さりげなく「お元気ですか」や「会いたいですね」などと書かれた一筆箋が添えられているほうが、より心温まる印象を受けるでしょう。

 

デジタル化が進み、自分の手で文字を書くことから遠ざかっている今だからこそ、手書きかつ手作りである一筆箋が見直されています。

電子的な冷たい文字ではなく、心の温度が感じられる一筆。オリジナル一筆箋を贈ることの素晴らしさは、ここにあるのです。

 

 

一筆箋作成の価格

 

ホームページにも詳しい内容を掲載しておりますが、最低10冊から承ります。10冊の1色刷りで大体25,000円くらいとなります。

そこから独自のデザインを盛り込むことを考えると、上限30,000円くらいを見ていただければ間違いありません。

 

 

最後に

 

一筆箋 贈り物 カード代わり2

企業ではなく個人でも、オリジナルの一筆箋を作ることができます。

手書きは、書き手の心が伝わります。ましてや、書かれている便箋がオリジナルであれば尚のことではないでしょうか。

字を書くのが得意でなくても構いません。メールやツイッターでは決して味わうことのできない、相手に対する言葉の温かみを、手書きの文字で伝えることができます。

日本最大のブランド【今だけ!全品送料無料】【代引き・コンビニ後払い対象外】★フェイクラクーンボアライナーであったか素材♪ルーズシルエットジャケット[レディース][トップス/アウター/ジャケット/コート/パーカー/ニット/カーディガン/起毛] ダウンジャケット/裏起毛/ファー/ma-1/ダウンベスト/スウェット/フリース/ブルゾン/防寒/あったか/ダウン/秋/冬 LONDON 18,000円以上で送料無料 送料無料

普段使いや記念品としても、ぜひ一度、当社の技術をご利用いただき、お客様だけの一筆箋をお作りになりませんか。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

セントウェル印刷株式会社(大阪 北区 梅田)へのお問い合わせはこちら

pagetop

pagetop

 

▲商品ラインナップ

日本最大のブランド【今だけ!全品送料無料】【代引き・コンビニ後払い対象外】★フェイクラクーンボアライナーであったか素材♪ルーズシルエットジャケット[レディース][トップス/アウター/ジャケット/コート/パーカー/ニット/カーディガン/起毛] ダウンジャケット/裏起毛/ファー/ma-1/ダウンベスト/スウェット/フリース/ブルゾン/防寒/あったか/ダウン/秋/冬 LONDON 18,000円以上で送料無料 送料無料

 

▲デザインサンプル

▲企業情報

弊社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。当社は大阪市北区 大阪駅の近くに所在致しておりますが、大阪市中央区、大阪市西区 また本町のお客様にも絶大なるご信頼を頂いております。製本加工・フライヤー・展示会の印刷物・Tシャツ・タオル 写真の加工などもお安い価格で高品質 スピード感を持って簡単にご発注いただける体制を整えてご利用をお待ちしております。なお年賀状持ち込みはご相談ください。 名刺 チラシ 封筒 パンフレット 会社案内 ホームページ デザイン制作 伝票 オリジナルカレンダー DM ポスター 挨拶状 チケット シール ラベル クリアフォルダ AR 等のデザインを作成し印刷を大阪で発注する時は、デザイナーがお客様のご要望を直接伺い、お客様の熱い想いを形にする北区 梅田の セントウェル印刷株式会社にご発注ください。
印刷 よもやま話

印刷がカバーする範囲は極めて広く、気体以外の全ての物体に対して可能であるとされています(ゲル状の物体にすら印刷が可能な技術があります)。
印刷(いんさつ)とは、インキにより、紙などの媒体に文字や絵、写真などの画像を再現することを指し、印刷された物を印刷物といいます。
現代では2次元の媒体に限らず、車体など3次元の曲面に直接印刷する技術も多数開発されています。

歴史

ヨーロッパでは、1450年頃のヨハネス・グーテンベルクによる金属活字を用いた活版印刷技術の発明で、印刷が急速に広まりました。
グーテンベルクの発明から1500年以前までに印刷された書物はインキュナブラ(揺籃期本、初期刊本)と呼ばれ、どれも貴重書であるため莫大な古書価がつくこともままあります。
当時の印刷物は、聖書を始めとする宗教書が半数近くを占めており、活版印刷による聖書の普及は、マルティン・ルターらによる宗教改革につながっていきます。
その後、欧米においては長らく活版による文字、凹版による絵画、挿絵の印刷が行われました。
1798年にドイツのセネフェルダーが石版印刷(リトグラフ)を発明。これが平版印刷の始めとなりました。
現在主流となっている平版オフセット印刷は、1904年にアメリカのルーベルが発明したといわれているが、それ以前にイギリスではブリキ印刷の分野で使用されていました。
ルーベルの発明は紙への平版オフセット印刷であります。
東アジアでは、2世紀頃に中国で紙が発明され、7世紀頃には木版印刷が行われていたといわれ、また11世紀には陶器による活字を使った印刷が行われていました。
金属活字による印刷は13〜14世紀の朝鮮(高麗)にあらわれている。現存する印刷物で、製作年代がはっきりと判明している世界最古のものとして、日本の「百万塔陀羅尼」があります。
日本では、「百万塔陀羅尼」が作成されて以降二百数十年間、印刷物が出されることはなかったが、平安時代中期になって、摺経供養が盛んに行われるようになりました。
これが、、奈良を中心とする寺院の間に、出版事業を興させるようになりました。
興福寺などで開版した印刷物を春日版と呼びます。
鎌倉時代には高野山金剛峰寺でも出版を行うようになった。これは高野版と呼ばれます。
13世紀頃からは、宋へ留学した僧がもたらした宋刊版の影響を受け、京都で五山版が出ます。
安土桃山時代になると、宣教師に日本語を学ばせるため、初めて活字による印刷(キリシタン版)が行われ出しました。
近世以前は金属活字を用いたキリシタン版や駿河版といった例外を除き、木版印刷が中心でした。
江戸時代初期から中期にかけて、美麗な嵯峨本を始め、庶民の読み物である赤本や黄表紙など、一気に出版文化が花開くことになりました。
これらには、木活字もしくは木版を用いた整版が使われました。
木版以外では、1783年に司馬江漢が腐食による彫刻銅版画を製作しています。
1856年には長崎奉行所内で活版による近代洋式印刷が始まります。
明治時代に入り、1870年には本木昌造が長崎に新町活版所を創立、これが日本における民間初の洋式活版の企業化です。
1888年には合田清が木口木版(西洋木版)を日本に初めて紹介しました。
なお、日本初の印刷専門誌『印刷雑誌』の創刊号(1891年)の表紙には、合田清の木口木版画が使われています。
1896年、小川一真が日本初の3色版印刷を発表。
1924年、石井茂吉と森澤信夫が邦文写真植字機の試作機を発表
1926年、写真植字機研究所を設立
1960年、電子製版機(カラースキャナ)が実用化
1970年代、国産4色同時分解スキャナ開発。この頃から電算写植、オフセット印刷が主流となる。
1989年、日本初のフルDTP出版物『森の書物』が刊行。この頃からデータのデジタル化が加速。オンデマンド印刷、電子出版などが徐々に現実となり始めました。

Press と Print

大量印刷(すなわちマスメディア)と「プレス」はその後不可分に結びつき、報道のことをプレスとも言うようになりました。
このプレス機構はそもそも近代的な印刷の初発的段階から存在し、グーテンベルクがブドウ絞り器から着想を得て開発したものと言われます。
パソコンなどのプリンタからの「プリントアウト」と、印刷会社にあるような印刷機による「印刷」は、まったく別のものとも言われるが、 、ともに「印刷」と訳されます。
後者はプレスと呼んで区別されるが、これは印刷機が刷版を用紙に対して圧力をかけて(=プレス)画線部を印字するためであります。


版式による分類

無版式

無版式の印刷方式には、下記のような種類はあるが、通常これらの方式は工業的には印刷とは呼ばず、プリントと呼称されることが多いです。
静電複写、溶融型/昇華型熱転写、インクジェット無版印刷とは、製版フィルムや刷版などを作成することなく、直接、用紙にプリントする印刷方式です。

有版式

凸版
版が鉛製で取り扱いにくいこと、オフセット印刷の発達などにより、活版印刷は廃れた。現在主に行われている凸版印刷は、樹脂凸版印刷およびフレキソ印刷です。
樹脂凸版印刷とは、活版の代わりに感光性樹脂を刷版に用いるもので、週刊誌のモノクロページ、シール、ラベル印刷などで使用されています。
活版印刷(活字や写真凸版・線画凸版、罫線などを組み合わせて版とする)はこの版式です。
フレキソ印刷は、ゴムや感光性樹脂の版を用い、刷版にインキを供給する部分にアニロックスロールと呼ばれるローラーを用いる方法です。
アニロックスロールは、表面に規則正しい配列で凹みを彫刻し、その凹部に詰まったインキを版に供給するもので、用途に合わせて凹部の線数を選択することができます。
印圧がほとんどない「キスタッチ」が理想とされ、段ボールライナー、包装フィルムなどの印刷に使用されています。
版の凹凸を利用する印刷法の一つで、非画線部を凹、画線部を凸にして凸部にインクをつけ、紙に転写する方式です。
印刷時での圧力により紙に凹凸ができることがあります。
また、印刷された文字にマージナルゾーン(インクの横漏れにより、実際の活字の線幅以上の余分な太さとなる部分)が見られるなどの特徴があります。
ただし現在では 、週刊誌のモノクロページはほとんど平版オフセットで印刷されるようになりました。

凹版

現在では電子彫刻された銅製のシリンダーを用いた刷版が使用されるため耐久性があり、大量の印刷に向いています。
グラビア版は、ほかの印刷方法のような錯覚を利用した濃淡表現と、凹部分の深さの違いによるインクの量の増減による濃淡の変化の双方が可能であるため、写真などの再現性に優れています。
雑誌においては本文は凸版で印刷されるが、写真ページはグラビアで印刷されることから、転じて写真ページのことをグラビアページと呼ぶようになりました。
微細な線を表現できることから、偽造防止の目的で紙幣や収入印紙などに採用されることが多いです。
また、グラビア印刷も凹版印刷の仲間と言えます。
版の凹凸を利用する印刷法の一つで、非画線部である凸部のインクを掻き取り凹部に付いたインクを紙に転写する方式です。

孔版

複製絵画に使用されるシルクスクリーンや、謄写版(ガリ版)も孔版の一種です。文字や画像の印刷に限らず、物体表面に各種の機能性材料の皮膜を形成する技術として広く用いられています。
版(油紙など)に微細な孔を多数開け、圧力によってそこを通過したインクを紙などに転写する方式です。
一例では、カラーブラウン管のシャドーマスクや液晶表示装置のカラーフィルターといった部品が、印刷技術を用いて製造されています。
別名ステンシル印刷とも称されるが、最近ではスクリーン印刷と呼ばれることが多いです。
手軽な設備で実現できる。身近な代表例は理想科学工業のプリントゴッコやリソグラフ。

平版

現代日本の出版物は、多くが平版オフセット印刷で刷られています。
平らな版の上に、化学的な処理により、親油性の画線部と親水性の非画線部を作成し、インキを画線部に乗せて、紙に転写する方式です。
一般的にはオフセット印刷と同義で理解されているが、オフセットとはインキが版からゴム版に一度転写されることを指すのであり、本来、平版印刷と言うのが正しいです。
オフセットする凸版(ドライオフセット印刷など)や凹版(パッド印刷=タコ印刷など)もまれに存在します。石版印刷(リトグラフ、リソグラフィ)も平版の一種です。
直刷りの凸版や凹版と違い、刷版上の画像が反転していないので間違いなどを見つけやすいです。
また高速、大量の印刷に適している。日本において平版印刷が普及した理由として写真植字が挙げられます。 写真植字による版下作成はその後工程として製版フィルム化(集版)が不可欠であり、、、この工程を経る限り平版印刷が最適であるからであります。カラー印刷は殆どすべてこの方式であります。

セントウェル印刷株式会社
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-2-1 東梅田八千代ビル TEL:06-6312-3401 FAX:06-6312-3402
E-mail:info@centwell.net http://www.centwell.co.jp

Copyright ©【今だけ!全品送料無料】【代引き・コンビニ後払い対象外】★フェイクラクーンボアライナーであったか素材♪ルーズシルエットジャケット[レディース][トップス/アウター/ジャケット/コート/パーカー/ニット/カーディガン/起毛] ダウンジャケット/裏起毛/ファー/ma-1/ダウンベスト/スウェット/フリース/ブルゾン/防寒/あったか/ダウン/秋/冬 All Rights Reserved.【今だけ!全品送料無料】【代引き・コンビニ後払い対象外】★フェイクラクーンボアライナーであったか素材♪ルーズシルエットジャケット[レディース][トップス/アウター/ジャケット/コート/パーカー/ニット/カーディガン/起毛] ダウンジャケット/裏起毛/ファー/ma-1/ダウンベスト/スウェット/フリース/ブルゾン/防寒/あったか/ダウン/秋/冬 All Rights Reserved.(c) Centwell Printing CO.,Ltd
{yahoojp}zt03-myp12-gui-zd-660