相続財産

メンズ ジャケット ロング丈 ノーボタン サイドバックライン ASOS ランダムスタッズジャケット REPRESENT_SAHARAワックスPULLOVERジャケット【最も安い価格発売店】

相続の対象となるのは「被相続人の財産に属した一切の権利義務」であって「被相続人の一身に専属し」ないものです(民法896条)。

 

したがって,現金や不動産などの目に見える財産だけでなく,預金債権や損害賠償金債権などの債権も相続の対象となります 【Safari11月号掲載】【2015-16AW】Bark ニットダッフルコート。

また,プラスの財産だけではなく,借金などのマイナスの財産も相続の対象となります。

 負債も相続の対象となりますから,相続放棄をしないかぎり,返済しなければなりません。ただし,他に共同相続人がいる場合は,相続分に応じる限度で,返済すれば足ります。

 

相続の対象となるのは「被相続人の財産に属した一切の権利義務」であって「被相続人の一身に専属し」ないものです(民法896条)。

 

賃借権も相続の対象となりますから,そのまま居住していても大丈夫です。

 

相続の対象となるのは「被相続人の財産に属した一切の権利義務」であって「被相続人の一身に専属し」ないものです(民法896条)。

契約の当事者であるという地位は「一切の権利義務」に含まれます 新作☆Only NY☆Dunes Cotton Anorak。

賃貸借契約上の借主の地位(賃借権)も「一切の権利義務」に含まれ,「一身に専属し」ません。

(代表)取締役の地位は相続の対象とはなりませんから,会社の株主総会(および取締役会)で選任されない限り,相続人は代表取締役にはなりません。

他方,株主の地位は相続の対象となりますから,相続人が株主になります。上場企業の株についても同様です。相続人が株を相続します。

 

亡くなったお母様を被保険者(※)とする生命保険金(死亡保険金)は,お兄様が保険金受取人であれば,お兄様の固有の権利ですので,相続の対象とはなりません。

 

相続の対象となるのは「被相続人の財産に属した一切の権利義務」であって「被相続人の一身に専属し」ないものです(民法896条)。

 残念ながら,祭祀用の財産や費用は通常の相続の対象にはなりません。慣習に従って祭祀を主催すべき者が,祭祀用の財産を承継しますので,その維持・管理費用も負担することになるのが通常です。

 あなたが祖先の祭祀を主催するため費用がかかるからといって,他の相続人である叔母たちより多くの財産を相続することはできません。

 

 同じではありません。

 相続財産であっても,貸金などの可分債権や借金などの負債は,遺産分割の対象とはなりません。

 他方,相続財産ではなくても,共同相続人全員の同意があれば,代償金などを遺産分割の対象とすることができるという考え方もあります。

 

 相続財産となるのは「被相続人の財産に属した一切の権利義務」であって「被相続人の一身に専属し」ないものです(民法896条)。

 普通預金であれば,できます。ただし,銀行が任意には応じてくれない場合があります。

 定期預金であれば,難しいと考えられています。

 

 相続人が2名以上の場合,相続財産は共同相続人の共有になるのが原則です(民法898条)。しかしながら,貸金などの可分債権(※1)は,相続開始時に法律上当然に分割され,各共同相続人がその相続分に応じて権利を承継します(最高裁S29.4.8判決民集8-4-819)。

 負債は本来遺産分割の対象とはなりません。ただし,債権者の承諾を得た場合は遺産分割の対象とすることができます。

 したがって,債権者である銀行が承諾していない以上は,たとえ相続人間でお兄様が引き継ぐと決めても,銀行から請求されればあなたが支払わなければなりません。ただし,その金額は相続分に応じます。

 

遺産管理費用は各相続人がその相続分に応じて負担しなければならないのが原則です Denim&Supply:ツイードジャケット。

したがって,遺産である不動産の管理費用は,原則として,各相続人がその相続分に応じて負担しなければなりません。

 

  遺産分割前の遺産管理費用は相続人がその相続分に応じて負担するのが原則です(民法885条1項本文)。。。

ページ

PAGE TOP